BLOG

職業性ストレスモデル(NIOSH)

みなさんこんにちは。チアフリーに(快活に)すごされてますでしょうか。

ストレスのモデルとして、NIOSH(ナイオッシュ)という、アメリカの国立職業安定保健研究所が出した職業性ストレスモデルがあります。NIOSHモデルは、職業的ストレスに関する膨大な研究報告をもとにしてつくられた仮説ですが、職場のストレスと疾病の発生の可能性を総合的に理解し、職場のメンタルヘルス対策を進めていくうえで参考になるモデルです。

このモデルは、ストレス反応に対して、3つの要因を掲げています。

1つめが「個人的要因」です。主なものは、年齢や性別、性格や行動パターン等です。

2つめが「仕事外の要因」です。家庭の問題や、育児や介護といった問題が該当します。

3つめが「緩衝要因」です。上司や同僚など周囲からの支援はストレス反応や健康障害の発生を防ぐ緩衝要因となります。

NIOSH職業性ストレスモデルをもとに一部改変

では企業の従業員に対するメンタルヘルス対策をNIOSHモデルに当てはめてみるとどのようなことが考えられるでしょうか?

1つめの「個人的要因」と2つめの「仕事外の要因」は企業のメンタルヘルス対策としては、手が打ちにくいところです。「個人的要因」は、元々の持っている資質の問題と関係してきます。また「仕事外の要因」では、仕事以外の個別性が高い状況に対して、会社がどこまでケア・サポートができるか難しい側面があります。(もっとも従業員が出産・育児・介護等に直面しても安心して働くことができる仕組みづくりや、そのような状況を鑑みたうえでマネジャー、リーダーが適正な仕事のアサインをするといったことは考えられます。)

一方で、3つめの「緩衝要因」は企業としても比較的手を打ちやすいところです。皆さんの中にも、職場で問題が起きた時に、上司や同僚・仲間が解決に支援をしてくれて助かった、心が楽になったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「安心・安全の場づくりの有効性」~困った時、悩んだ時は「誰かに話してみる」

「緩衝要因」である「周囲からの支援」を受けるうえでのヒント・コツはなんでしょうか。私は困った時、悩んだ時は「誰かに話してみる」ということをお勧めしています。シンプルなことではありますが、誰かに話しを聞いてもらうだけで心は軽くなるものです。そして自分の仕事を抱えこまないことも大切です。自分の仕事を見える化し、周囲の人にオープンにしていきましょう。積極的に自らの仕事について発信していく行動・姿勢が大切です。

一方で、メンバーが職場で「相談しよう」「話してみよう」となるためには、不安や悩みといった気持ちを吐露できる「安心・安全の場」が必要です。実はこのような場を創ることはメンバーのみならず、マネジャー・リーダーにとってもメリットがあります。

第1にメンバーが問題や悩みを自ら抱え込むリスクが軽減され、従業員のメンタルヘルス予防にもなるでしょう。第2にメンバーのミスや失敗もいち早くキャッチできるので、組織のリスクマネジメントになります。第3にメンバー同士気軽に相談ができるので、人材育成や知恵の共有・創発という観点でも有効です。

「安心・安全の場」をつくることで、単なるメンタルヘルス対策・予防だけにとどまらず、上記のように一石二鳥、三鳥の効果が期待できます。日常の職場の在り方を見直してみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧