BLOG

尊敬できない上司

みなさん こんにちは。

サラリーマン人生において私自身数えきれない上司と接してきました。また自分自身も上司として組織をもち、沢山の部下と接してきました。私自身のビジネスパースンの形成に大きな影響を与えたものとして間違いなく上司の存在があったと言えます。

この10年以上企業の管理職および若手のインタビューや研修を大量に実施・提供してきましたが、管理職に対して頭を悩ませることがあります。それは、部下からみて「上の人が尊敬できない」という問題です。仕事のスキルが不足していると言われるならば、手の打ちようはあるのですが、人間性そのものを見て判断されてしまっている場合はなかなか根深い問題となります。個人的には部下からみた上司の評価が全般的に非常に厳しくなっている印象を受けます。

ある会社の従業員の仕事に関するインタビューでの話しです。若手から上司に対するコメントとしてこんな声があがりました。「自分は(上司である)部長の資料を作成している。でも単なる修正の作業ではなく、考えるところも含めてすべて自分に丸投げしてくる。上司は仕事をしないし、できない。私よりも早く仕事を終えて、しかも給料も沢山もらっているかと思うと憤りを感じる。」

なかなか辛辣なご意見です。若手だけ(メンバーサイド)の意見をもとに決めつけることはできませんが、部下からみた上司に対して+の感情が働いていないことは相違なさそうです。完璧な上司はいませんが、さりとて部下としては、上司にはやはり仕事ができて欲しいと期待をかけてしまうもの。上司に対する期待が大きいほど、自らが直面している現実との間で「モヤモヤ」した気持ちを抱くことになります。

上司に対する周囲の評価・見方が厳しくなった?

右肩上がりの時代には、このような問題も自らの昇進・昇格・昇給の実現という形で、時間の経過が問題を解決してくれました。おそらく過去にも「仕事ができない、尊敬できない」と部下に思われていた上司は一定数存在したのだろうと思います。ただ職場や個々人の仕事には余裕がありました。また今よりも上司は権威・権限が働く時代でした。上司という立場や権力という「鎧」が上司を守ってくれていたとも言えます。
一方で部下側も「いずれは自分も上の地位にいけるし給料も高くなる」といった暗黙の心理・意識が働いていたのでしょう。仮に少々問題のある上司がいたとしても、無理して目くじらを立てなくても、おとなしく時間が経過するのを待てば自然と解決できました。

しかしながら、今はどの企業も先行きが不透明な時代です。次のポストも必ずしも約束されていません。総額人件費の観点からも、多くの会社で誰かれ構わず昇進・昇格・昇給ができなくなりました。また仕事の成果に対して目を向けるようになり、皆周囲の仕事ぶりに敏感にもなりました。上司が部下よりも高い給料をもらっていれば、自ずと部下から上司の仕事に対する評価は厳しいものとなります。

上司は今まで以上にパフォーマンスを発揮しないと、周囲から認めてもらえませませんし、ただパフォーマンスをあげるだけでなく、組織のミッション遂行と部下育成の同時実現が求められます。さらにコンプラ・パワハラ問題を起こさないように留意しつつ、部下の健康管理や生産性向上にも目を向ける必要があり、マネジメントの難易度は以前と比べて格段に高まったといえます。管理職の皆さんの日々の苦労も絶えないことでしょう。

部下と一人の「人」として接していくことがすべての土台となる

従来は比較的若手に多くみられたメンタルケア問題が管理職にも広がりを見せています。加齢からくる心身の衰えとも戦いながら、環境変化にあわせて自らを常に磨きあげていく努力が求められます。
「管理職なぞやってられるか!」と言った声も聞こえてきそうです。

でも仕事のやりがいの観点からいえば、大きな苦労を乗り越えた分だけ喜びの果実は昔以上に大きくなったとも言えます。

ではこうした難しい状況を打開するヒントはあるのでしょうか?
部下という以前に、一人の「人」として接していくことが土台となると考えます。
様々なマネジメントのテクニックやスキルが世の中にはありますが、それらが有効に機能するのも、土台があってこそです。インタビューの中の上司も部下を一人の人として接し、部下の資料作成に対する労いや感謝の気持ちがしっかりと伝わっていたならば、部下の上司に対する感じ方や関係性がもう少し良い方向に進んでいたのではないかと思えてなりません。

関連記事一覧